国際結婚を学ぼう

中国人との熟年国際結婚について

中国人との熟年国際結婚について 熟年とは、一般に60歳~80歳までを指す言葉です。
この年齢の日本人の方が中国のパートナーと国際結婚をした場合、一体どうなるのかを考察してみたいと思います。
国際結婚は、どちらかがどちらかの国へ帰化することになることが想定され、ビザなどの取得が必要となります。
大使館や総領事館等を通じての手間がかかります。
また、生活面でも、これまでの生活習慣、文化・慣習、言語の違いなど、相反するカテゴリーがとても多いように思われます。
かつて日本と中国は戦争をしました。
熟年の方であれば、子どもの頃聞かされた記憶も少なからずあろうかと思われます。
両国のひずみは表面上はないように見えますが、中国で暴動が起きれば、すぐに日系のデパートや飲食店が暴動に巻き込まれるなど、私たち日本人にとって気もちが良いとはいえない点が多々あります。
しかし、熟年結婚は悪い面ばかりではありません。
お互いがこれまで生き抜いてきた経験や知見を基に、その程度の苦難であれば乗り越えられるはずです。
また、何かあってもお互いを許しあえる広い心を持っていると推察されます。
余生を助け合い、お互いが支えあって生きていくのは素晴らしいことです。
しかも、互いに違う価値観や考え方を持っていたとしてもそれを尊重し理解しあえるなら、そこから生まれてくるものは何物にも代えがたいと思われます。
多文化共生という言葉がありますが、その先陣を切るくらいの意気込みで、夫婦生活を楽しんでいただきたいと考えます。
中国人との国際結婚は、年齢を重ねてからの方が、人生の醍醐味を味わえるような気がしてなりません。

中国人と熟年国際結婚をするメリット・デメリット

中国人と熟年国際結婚をするメリット・デメリット 中国人と熟年国際結婚をするメリットには、資産家なら家族が喜ぶ、地域で話題になる、会社で褒められるなどが挙げられます。
相手の人が仕事一筋で生きてきた場合は、資産家である可能性が高いです。
中国では働き始めると、お金をあまり使わずに貯め続け鵜人が多いので、気づいた時には資産が貯まっていた人が多いです。
そのため、家族が喜ぶ結果へとつながりやすいです。
また、国際結婚をする人が身近にいると、地域の人が面白がって噂を広げていきます。
話のタネとしてうってつけなので、仕方ない面もあると言えます。
放置すれば自然消滅するので大丈夫です。
あと、会社の同僚や上司からおめでとうと祝ってくれると想定されます。
その時は、照れながら有難うございますと返すといいです。
デメリットは中国に移住してほしいと言われる、子供の国籍に悩むなどです。
移住してほしいと言われたら、中国語を話せるようにする必要があります。
結婚相手に教わったり、専門の学校で授業を受ければ身につける事が可能です。
また、子供が生まれ時は、生まれた場所の国籍を取得したほうが無難です。
ただ、子供の数が多い場合は、夫婦のどちらかの両親が養子でほしいと言ってくる場合があります。
その時は家族の間でよく相談をして決めましょう。

check

運転代行 京橋
インプラントについて名古屋で相談

Last update:2017/11/27