国際結婚を学ぼう

中国人との国際結婚の増加率

中国人との国際結婚の増加率 中国人との国際結婚の増加率に関しては、実に様々な情報誌などでピックアップされることがありますが、いざという時に備えて、腕の良いスタッフがそろっている業者に依頼をすることが良いでしょう。
また、国際結婚のサービスの対応の良しあしについては、それぞれの業者のスタッフの人数や経歴などによって、大きなバラつきが出ることがあります。
そこで、初めて中国人との結婚の手続きを進めるにあたり、プロフェッショナルが在籍している業者の選び方をマスターすることが肝心です。
もしも、国際結婚のために必要な費用の支払い方について知りたいことがある場合には、大手の業者の公式サイトやパンフレットの内容に目を通しておくことによって、誰しも短期間のうちに必要な知識を身に着けることが可能となります。
その他、アフターサービスの内容に定評のある業者において、無料相談のチャンスを利用することで、何時でも満足のゆく対応をとることが望ましいといえます。

中国人と国際結婚をすると苗字はどうなる?

中国人と国際結婚をすると苗字はどうなる? 国際結婚になりますので、日本の法律では改姓しなくても構わないとなっています。
それは、中国は夫婦別性なので改姓の必要がないからです。
民法750条によると、夫婦は婚姻の際に定めるところ従い、夫または妻の苗字を称することになっており、 日本人夫婦の場合は同じ氏を称することになります。
しかし、中国人には日本の戸籍はありませんので、氏がありません。
従って日本人配偶者は婚姻後も変わらず自分の苗字を称します。
国際結婚をして、二人とも日本に住む場合、中国人配偶者は日本人配偶者の苗字を通称名として登録することができます。
日本で便宜的に使うもので本名は変わりません。
また、日本人配偶者は婚姻成立後6ヶ月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないでその氏を外国人配偶者の称している氏に変更することができるとされています。
この場合、「外国人配偶者への氏への変更届」を市区町村の役所へ提出します。
但し、婚姻後6ヶ月以内に外国人配偶者死亡後はこの手段による変更はできません。